WWDC2020総まとめ 個人的に興味深い機能たち

Photo by Apple
マロン

WWDCが終わってかなりたった。
個人的に気になった機能が多かったので、備忘録的にまとめておこうと思う。
それでは、行ってみよ〜

目次

iOS14 デザインの変更は少ないが、印象はガラッと変化

Photo by Apple

おそらく、見た目の印象の変化としては、過去一番だと思う。

Appleは今まで、デザインの変化には積極的だった。

ただ、アプリの表示方式ウィジェットに関しては、あまり変化してこなかった

今回、その原則が崩れた。

主な点としては

  • ホーム画面にウィジェット表示
  • App Library機能で、ホーム画面からアプリ追放
  • App Clipでミニアプリ

などがある。

今回の目玉は、なんと言ってもウィジェット表示。

Androidでは標準搭載の機能だが、iPhoneでは初めての機能だ。

アプリの使用方法が、ガラッと変わると思うと、今から楽しみだ。

その他にも、App Clipなどは今後の活用次第ではあるが、かなりの良機能になりそう。

その他の機能に関しても、前回の記事で語ったので、そちらを見て欲しい。

しかしまあ、かなりの変化かもしれない。

楽しみだ。

iPadOS14 よりPCに、より便利に、より簡単に

Photo by Aplle

iPad OSを総評するとこんな感じだと思う。

結構、日本と関係ない機能もあり、あまり見栄えのない印象

しかし、便利にはなっている。

主な点としては

  • FaceTimeの着信が通知式
  • Apple pencilの図形手書き文字認識
  • ゲームを、マウストラックパッドで操作可能に
  • Spotlight検索の強化

などがある。

個人的には、FaceTimeの着信などはかなり嬉しい機能だと思う。

その他の機能もいいのだが、Apple pencilの手書き文字認識など、日本には関係ないアップデートも多い

少し、残念だ。

そのほかに関しても、以前の記事で詳しく語っているので見て欲しい。

iPadだけで仕事ができる日も近いかも。

Air Pods Pro の自動切り替えは便利そう

発表内容としては薄いと思うが、自動切り替えができるようになった。

今までは、いちいち切り替えをしなければいけなかったが、これかたは自動になるようだ。

突然の着信に、あたふたする必要もなさようだ。

よかったよかった。




プライバシーの強化

AppleはGAFEMの中では、かなりプライバシーに力を入れていると思う。

ただ、「情報を取られない」対策が主になっていた。

それでも構わないと思うのだが、Appleは違ったようだ。

今回から、「どんな情報が取られるか、ユーザーが知ることができる」対策をするようだ。

Safari

Photo by Apple

Safariに関しては、以前からAppleがかなりの対策をしてきたと思う。

主な対策をあげると

主な対策
  • サイト超えトラッキングのブロック(追跡型広告のブロック)
  • Cookie情報のブロック
  • Apple Payで支払い(導入しているサイトのみではある)
  • Appleでログイン

などがある。

ただ、全てのサイトで適用するわけには行かないし、そもそもブロックされては困るものもある。

ただ、今回の対策は今までのものとは違い、特に機能をオフにする必要がない

その対策とは、トラッキングの可視化だ。

知っている人が多いと思うが、サイトというのは常にトラッキングを行っている。

とは言っても、利用目的などは、きちんと明記されている。

そもそも、サイトの閲覧数を調べるためにもトラッキングは行われている。

ただ、ユーザー側は、どのような情報を提供しているか、わかりにくかった。

今回のSafariのアップデートでは、どのような情報を提供しているか、ひと目でわかるようになる

セキュリティ意識の変化にもつながるので、いい変化だと思う。

App Store

Safariと同様、アプリも様々な情報を収集している。

と言っても、App Storeで配信されているアプリは、過度の情報収集はしていないと思う。

収集していたとしても、マップで位置情報LINEで連絡帳にアクセスなどに止まっていると思う。

さらに、それらの情報を端末から取得するときは、必ずユーザーの許可が必要だ。

ただ、この許可の段階まで、アプリがどんな情報を収集しているかは、わかりにくかった。

今回、Appleはそうした問題を解決しようとした。

App Storeで確認できるようにした。

それがこれだ。

Photo by Apple

イメージとしては、食品裏の表示らしい。

確かに、前よりわかりやすいし、ダウンロードする前に確認できるのはありがたい。

あとは、個人のセキュリティ意識だけだ。




WatchOS7 時計からデバイスへ

Photo by Apple

前回のアップデートでは、デバイスから時計への進化だったと思う。

このときには

マロン

ようやくAppleWatchが時計として使える

と言う人もいたくらいだった。

しかし、今回は時計からデバイスへの進化だったと思う。

徐々にApple Watchの位置を決めに行っている感じがあると思う。

いくつかの新機能を紹介すると

  • 文字盤の共有
  • 睡眠記録
  • 睡眠モード
  • 自動手洗い検出(コロナ的につけたのだろう。)

などがある。

またまた、以前記事に書いたので、詳しくはこちらを読んで欲しい。

睡眠モードにはかなり感動した。

早くアップデートが来て欲しい。

MacOS BigSur デザインの改革とMacの立ち位置(Arm版Mac)

Photo by Apple

まずはこちらの記事を読んで欲しい。

まあ、色々と書いたから、一言で言うと、「Macの立ち位置の変化」だ。

今までのMacは、クリエイター向けの感じが強かったと思う。

Apple silicon搭載Macで、どこまで変化できるか。

今から楽しみだ。

あとがき 10年後を感じるWWDC

毎年そうなのだが、WWDCは未来を感じるイベントだと思う。

ただ、今年は未来というより「10年後のApple」を感じるイベントのようだと感じた。

ちょうどWWDCと同じ日、日本のスパコン「富嶽」が世界一の称号を獲得した。

富嶽もArmアーキテクチャのCPUだ。

これからの時代、どうなっていくのか、期待したい。

マロン

ちなみに、うちの母ちゃんもブログをやっています。
今回、WWDCに関して記事を作ったようなのですが、ガジェットオタクにはない視点で面白かったです。
よければ、読んでみてください




よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる