WWDC2020 iOS編 〜ウィジェット万歳〜

Photo by Apple

マロン

色々な機能が発表されたWWDC 2020
今回はiOSについて、個人的に気になった部分を紹介しようと思う。
それでは、行ってみよ〜

目次

ホーム画面にウィジェット表示

Photo by Apple

まずは、ホーム画面でウィジェット表示ができるようになった

今までAppleは、ホーム画面にアプリ以外を表示させることを極端に嫌っていた

Androidでは一般的なウィジェットさえも。

 

シンプルな画面に、全てのアプリを表示させるスタイルのまま13年。

今回、そのスタイルを破るのだから、大きな変化だとは思うのだが・・・

如何せんAndroidでは一般的な機能だけに、世間からは今更感が強いような印象だ。

ただ個人的には、ドコモのひつじが闊歩するAndroidスマホが印象に残っているだけに、Appleの変化は不安と期待が大きい

 

Appleが初めて使うと決めたのだから、おそらく重くはならないと思うが・・・

早く実物を触ってみたいものだ。

Apple library機能搭載 ではなくアプリを隠すことが可能に。

Photo by Apple

何気に触れられていないのだが、Apple libraryよりもこちらの方が実生活に近いと思う。

今まで、iPhoneのホーム画面は、すべてのアプリをホーム画面に集約させるものだった

確かにシンプルでいいし、13年前なら洗練されたシステムだったのだろうが、如何せんアプリが増えてきた。

音楽,ゲーム,動画配信サービスなどの娯楽系ならともかく、銀行,ポイントカード,ショッピング,地方のスーパーのアプリまで

流石にホーム画面だけでは、管理できなくなってきた。

わたしの家族も。父母祖父母みんな管理ができずてんてこまいになっている。

(わたしはフォルダに入れて、Spotlight検索で対処していたのだが、4人には難しかったようだ。)

今回、ようやくそれが解消されるようで一安心だ。

 

ただ、心配もある。

どのアプリをインストールしたのか、普段からわかるのが全アプリ表示のメリットなのだが、今後は少し迷いそうだ。

セキュリティの観点からも、どのような対策をとるか、期待したい。

Apple library

一応Apple libraryについて解説すると、「アプリを自動的に、種類ごとにまとめて管理する機能」のこと

重要なのは、自動で管理、と言う点。

これなら、複雑な知識や、めんどくさい作業もなし。

あとは、どこまで正確に分類できるか、楽しみだ。

App Clipでミニアプリを瞬時に利用

Photo by Apple

目新しい機能としては、App Clipも良いと思う。

なんと言うか、「みんなが想像したことはあるけど、実現できそうになかった物」そんな印象。

実際、アプリをインストールしなければいけないものなのだろうが、個人的には想像が広がるいい機能だと思う。

 

例えば、Starbucksではスターバックスカードと言う、自前のカードがあるのだが、これがめんどくさい

物理カードを使うまいと思うと、バーコード方式しかなく、いちいちアプリを開かなければいけなかった

(Androidの場合、おサイフケータイがあるのだが。)

しかし、App Clipなら、NFCチップなどがあるだけで、アプリを開くことなく、支払いが完了する。

(実際、デモ映像でも似たような使い方をしていた。)

他にもポイントカードなどもできそうだし、やろうと思えばATMなどにも導入できるかもしれない

 

是非とも、各サービスには開発してもらいたい機能だ。

Siriのデザイン変更,翻訳機能,etc

他にも変更点はある。いくつかあげると

  • Siriのデザイン変更
  • 翻訳機能の追加
  • CarKey(文字通り車の鍵)
  • セキュリティの強化など

などなど

細かいものから、日本には関係のないものまで、いろいろあった。

詳しくはこのホームページを見て欲しい。

あとがき 生活に密着しているiPhoneならでは

多くのApple製品は、プロやマニア向けの物が多いと思う。

iPadやMacなどは、その代表例だろう。

 

しかし、iPhoneが世に出て10年以上。

スマホは普及し、もはやスマホでのサービスは当たり前。

そのような感覚が、あると思う。

 

スマホは生活の一部である。

そう思わせるアップデートだったと感じる。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる