WWDC2020 MacOS編 デザイン改革とMacの立ち位置

Photo by Apple
マロン

今回のアップデート。
デザインの変更がほとんどだが、それだけではない。
Macの立ち位置が変わる時がきていると思う。
Mac OS [Big Sur] 行ってみよ〜

目次

デザインの変更 iPadと似たデザインへ

Photo by Apple

Macのデザイン変更は、Mac OS X以降のデザインを捨てることになる

つまり「これがMac」という個性を、捨てることにもつながると思う。

基本的に、Appleのデバイスはデザインがかなり似ている。

iOSしかり、iPad OSしかり、TV OSしかり。

ただ、Mac OSだけはあまり変わらなかった。

母が初めてMacを触った時、アイコンの形がiOSと違い、少し分かりにくいことに驚いていた

確かに、ランチャーパッドがロケットだったり、メッセージアイコンがiOSと違ったり、結構わかりにくい。

(まあ、直感的な操作が可能なのですぐ慣れますが)

せっかくOSを作っているのにもったいないとは感じていたのだが、今回iOS側にデザインを統一するようだ。

デザインが似通っているので、Macを買う意味が薄れそうな気がするが・・・

ただ、これからのMacについて考えると、これは自然な流れなのかもしれない

これからのMac

今回のOSは、実は以前書いたArm版MacのOSとして開発されたものだ。

詳しくはこちらの記事を見て欲しい。

ここで重要なのは、Apple siliconを使うということは、ほぼiPadをMacにするのと同じ意味、という点だ。

当然、MacとiPadでは性能が違うので、あそこまでの薄型化は厳しいだろうが。

しかし、既存のMacよりも、薄型化,低電力,小型化はできそうなので、持ち運びに特価したMacになると思う。

MacBookがバケモノスペックで復活するかも?




あとがき Apple siliconのためのアップデート

他にも変更点はなくはないのだが、微妙なのだ

それくらい、今回のアップデートには力が入っている。

Arm版MacはPC業界の革命だと思う。

今から楽しみだ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる