こんなのあったの。ノイキャン耳栓「QuietOn Sleep」レビュー

マロン

ノイキャンといえばイヤホン
そんなイメージが強いノイズキャンセリング技術。
耳栓がわりに、イヤホンをしている人も、多いのではないだろうか。
ただ、イヤホンはイヤホン。
寝っ転がる時には、かなり邪魔だと思う。
そんなわけで、ノイキャン耳栓を探して見たら、売っていた。

What's this
これはなに
ノイズキャンセリング機能つき耳栓
Price
価格
27500円
Goud Point
良いところ
小さい、電波が出ない、聞き取りモードへの切り替え
Bad Point
いまいちなところ
聞き取りモードへの切り替えが片耳ずつ、価格が高い
目次

最初に:今回購入したもの「QuietOn Sleep」

今回購入したものはこちら。

ノイズキャンセリング耳栓の「QuietOn Sleep」

ちなみに、楽天で買った。(ちょうどセールだったので)

まあ、なぜこんな物を購入したかと言うと、

購入の動機は。入院マジでつらい

実は、ありそうでなかったジャンルのノイキャン耳栓。

購入のきっかけは、入院だった。

持病の悪化と、捻挫(靭帯損傷らしい)の影響で、入院生活に突入した管理人。

マロン

集団生活には慣れているし、ダイジョーブ

と睨めてかかったら、大変だった。

高齢者に囲まれたのだ。

いや、それ自体はいいのだが、みんな意外と元気で・・・

寝言、いびき、ナースコール、etc

いろいろあって、眠れない。

そんなわけで耳栓を探すことにしたのだ。

意外とない ノイズキャンセリング耳栓

以前、BOSEからNOISE-MASKING SLEEPBUDSという、(厳密には違うが)ノイキャン耳栓が発売されていた。

いいなと思い、購入しようと思ったら、販売中止。

それじゃあ、と他の製品を探してもなかなかない。

結果、見つけたのがこの「QuietOn Sleep」だった。

前作「QuietOn」の睡眠特化型らしい。

ただ、レビューがほぼないので、流石にポチりずらかったが。

外観 意外とコンパクト

意外とコンパクトな印象。

実際、コンパクトだ。

AirPodsProと比べると、こんな感じ。

ちょうど、横幅が同じで、高さが違うくらいだろうか。

カバンに入れても邪魔にならないと思う。

メリット 耳栓としての優秀さ

外観はともかく、機能的なところを語っていこう。

この商品のメリットを挙げるとすると

メリット
  • なにとも接続しないので、電波がでない。
  • 小さい
  • ノイキャンと聞き取りモードの切り替えができる

これらだと思う。

一つずつみていこう。

メリット1 何とも接続しないので、電波なし

本当に何とも接続しない。

そもそも、WiFiもBluetoothもないので、スマホとも繋がらない。

一見、音楽も聴けないのでデメリットに見えるが、メリットでもある

価値観は人それぞれだが、電波というのはあまり人体にいいものではない。

無論、使うなということではなく、耳栓を使っている時には、ない方がいいだろう。

そんなわけで、何にも繋がらないから、電波も出ない。

安心して使えるだろう。

メリット2 小さい

これは、メリット1の電波がないからこそできることなのだろうが、本当に小さい。

具体的に、AirPods Pro と比べてもこれである。

ここまで小さいと、寝ているときにも違和感がない

寝ながら使うときは、かなりのメリットだ。

ただ、正直にいうと何回か、失くしかけたが・・・

メリット3 ノイキャンと聞き取りモードの切り替えができる。

何気にあって嬉しい機能。

普通に耳栓の場合、とっさの時に外さなきゃいけない時があると思う

しかも聞き取りモードの場合、かなりしっかり聞こえる。

もしかしたら、いつもより聞こえるかも・・・

まあ、流石に気のせいだと思うが

デメリット メリットとトレードオフなのだろうが

当然、メリットもあればデメリットもある。

個人的に気になるポイントは

デメリット
  • ノイキャンと聞き取りモードの切り替えが片耳づつ
  • 充電がmicroUSB

の二つ。(主に後者)

よーく見ていこうと思う。

デメリット1 モードの切り替えが片耳づつ

まあ、何にも接続しないとこうなる。

ノイキャンと聞き取りモードの切り替えが、片耳づつなのだ。

正直めんどくさい。

たまに、聞き取りモードにするときの違和感は、かなりのものだ。

ただ、電波を出さないメリットとのトレードオフなので、仕方ないだろう。

これは明確なデメリットではないと思う。

ただ・・・

デメリット2 microUSB

なぜだろう。

いまだにmicroUSBを採用している。

私の場合、LightningとtypeCで統一しているので、かなり焦った。

一応、充電器はあるのでいいのだが。

勘弁してほしい。

まごうことなき、デメリットだ。

肝心のノイキャンは? かなりよし

最初に行っておくが、3万円近くする高級品には劣る。

正直な所、値段の割にはしょぼい。(ほぼ3万と考えるとちょっとね)

ただ、いびきや寝言くらいだと普通にカットしてくれるし、電車や車の音もOK

あくまで、睡眠用耳栓と思う方がいいだろう

欲を言えば

リモートワークや学習用として期待している人も多いと思うが、ちょっと厳しいかもしれない

自宅の騒音くらいなら行けるのだが、カフェなどの会話やBGMは微妙。

自習室などの、静かな環境で、さらに集中するためならいいかも

ただ、あくまで睡眠用・・・




あとがき 買ってよかった。

まあ、結構デメリットも言ったが、普通に満足いく買い物だった。

充電以外は特に不満もないし、睡眠用の耳栓としてはかなり高性能。

ただ、金額的に高いので、必要に迫られない限りはいいかな〜

睡眠に不満を感じている人、オススメだ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる