AppleEvent総まとめ 今年の注目ポイントは?

今年のAppleEventが、9/15深夜にあった。

もうほとんどの情報が出揃ったと思うので、まとめてみようと思う。

マロン

一番興奮したのは、iPad miniでした。
それでは、言ってみよ〜

目次

10.2インチiPad:完成されたエントリーモデル

Photo by Apple

iPadが進化していくたびに、なんだか取り残されていっているような感覚になることが多いiPad。

ただ、今回はかなりしっかりとした機能を積んできた。

主な点を挙げると

  • チップの進化
  • True Tone
  • ストレージが倍に
  • センターフレーム搭載

この4点だ。

特に、センターフレームの搭載はかなりやばい。

というのもこの機能、最新のiPad Proと、後述するminiだけについている機能

エントリーモデルで新機能は、一年以内に出たのは、初めてだと思う。

期待の製品だ。

iPad mini:だいたい3年ぶり!新作mini

Photo by Apple

待ちに待った人も多いと思う。

iPad miniの新作がようやくやってきた。

前情報よりもかなりてんこ盛りな感じだ。

  • オールスクリーンデザインに変更。
  • 電源ボタンがTouch IDに。
  • Apple pencil第2世代に対応。
  • センターフレーム搭載。
  • 5GとWiFi6に対応。
  • USB-Cに変更
  • スピーカーの音が両側から出るように。

とこんな感じだ。

詳しくはこちらの記事を見てほしい。

iPhone13,13mini:これでいいんだよ、これで。

Photo by Apple

これに尽きる。

一気に時代を進めるようなアップデートはなく。

しかし、ドキドキするようなアップデートは散りばめられている。

こんな感じが一番だと思う。

  • 物理的なセンサーが搭載された,光学手ぶれ補正が搭載。
  • シネマティックモードが初登場。
  • CPU,GPUが強化。

特に注目すべきは、カメラだろう。

iPhone12 Pro Max にだけ搭載されていた、光学手ぶれ補正が標準搭載された。

また、シネマティックモードもかなり良い。

使わない人も多いと思うが、使おうと思ったときに使えるのが、すごいのだ。

なんとなく、学生が映画を撮ってみようと考えて、すぐに取れる。

これを、Pro限定にしなかったのは、英断だと思う。

iPhone13 Pro,13 Pro max:カメラに興味があるならこっち

Photo by Apple

もし、少しでもカメラに興味があるならProを買うべきだ。

よく、一眼カメラを超えた、超えてないと騒がれるiPhoneだが、今回に関しては言えることがある。

ある意味で、一眼カメラを超えている。

無論、高度な写真や動画を撮るなら、一眼カメラ一択だ。

ただ、レンズの付け替えなしで、ここまでできるカメラはない。

その一点に尽きると思う。

  • マクロ撮影が可能になったカメラ
  • ProROWにも、引き続き対応。
  • プロモーションテクノロジーに対応した、120Hzのディスプレイ。
  • CPU,GPUがしっかり強化。

カメラもすごいのだが、ディスプレイもヌルヌルになっている。

ゲームがはかどりそうだ。

Apple Watch 7:デザインの変更・・・だけ?

Photo by Apple

これに関しては、ちょっと残念な発表だった。

注目すべき点は2つ

  • ディスプレイが広くなった。
  • 充電が速くなった。

正直、デザインの変更があるのは確かだが、変化としてはちょっと薄い。

もっと大胆なデザイン変更なら、かなり盛り上がると思うのだが・・・

ただ、時計なのでこれでもいいのかも。

そのほか:日本にはあまり関係なかったです。

AppleFitness+、日本対応なし。

Apple TV+、特にすごいのなし。

まあ、アメリカだし。

仕方ないよね

総評:iPad mini以外は無難なアップデート。ただ・・・

正直、iPad mini以外は無難なアップデートではあったと思う。

iPadは光るものはあったが、当然無難な範囲。

iPhoneは、カメラ性能が上がり、QOLは上がりそうだが、革新的な新機能はなかった。

ただ、これで良いと思う。

毎年、革新的なものが出ても困る。

これくらいで、いいと思う。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる