残念! Apple Cardはまだまだ日本での発行はなさそうです。

Photo by Apple
マロン

4/21にあった、Apple今年初の発表会。
そこで一番最初に発表されたのが、Apple Cardだった。
ただ、期待されていた日本での発行は、まだまだ先になりそうだ。

日本語字幕はありますが、基本英語です。
目次

Apple Cardってなに?

まず最初に、Appleカードとは何か知らない方のために。

要するに、Appleが発行(提供)しているクレジットカードのことだ。

基本性能はこんな感じ。

発行元ゴールドマンサックス
カードブランドMastercard
還元率1~2%

詳しくは、ここでは書かないが、特筆すべきは2点

Apple Payでの支払いで2%還元と、チタン製の物理カード

この2点があり、日本でも取扱が始まらないか期待されていた。

ただ・・・

発表された機能が日本にとっては致命的

今回発表されたのは、主に発行に関する条件

一番最初に発表された、生計を共にする人への、信用スコアの同一化。

これに関しては、どうでもいい。

正直、日本で展開するにしても、何の足枷にもならない。

それよりも、重要なのが、13歳以上へのカード発行だ。

まさか13歳以上への、家族カードも発行

厳密には、アメリカのシステムがよくわからないので、詳しくは言えないのだが。

おそらく、日本で言うところの、家族カードの発行が可能になった。

しかも、13歳以上で

日本という国は、クレジットカードなどにはかなり厳格だ。

というのも、基本的にカードは一括が基本だし、かなり法律に守られている。

その中に、クレジットカードの発行は原則18歳以上という法律がある

正確には、本人での発行であって、18歳未満でも、家族カードの発行は法律上可能ではある。

ただ、ほとんどのクレジットカード会社は、家族カードであっても、18歳未満には原則発行しない。

 

そんなわけで、Apple Cardは、かなり日本のシステムからかけ離れたものになった

マロン

まあ、アメリカの会社なので当たり前だが。

実は、例外的に、18歳未満でも、家族カードが発行可能な場合がある。

海外留学などをする場合は、一度カスタマーセンターに相談する方が良さそうだ。

いつか、どこかのカード会社と一緒に・・・

このようなサービスが出た以上、なかなか日本上陸はなさそうだ。

そもそも、支払いのシステムなどが、日本とは違うカードなので、上陸は・・・

ただ、このサービスがそのまま日本に来ることは、ほぼ無いだろう。

そうなると・・・

AMEXなり、JCBなり、SMBCとdocomoなり

どこか、Appleと提携してくれないかな〜

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる