待望の新作モバイルバッテリー! 「Anker PowerCoreⅢ Fusion5000」1ヶ月使用レビュー!

マロン

待望のモバイルバッテリーが出た。
今まで、色々なモバブを使ってきたが、間違いなく一軍入りだ。
どんな商品なのか、約1ヶ月使って見たので、レビューしようと思う。

What's this
これはなに
Ankerのコンセント直挿しタイプのモバイルバッテリー
Price
価格
3,590円
Goud Point
良いところ
コンセント直挿しなので楽チン、PD対応
Bad Point
いまいちなところ
大きい、重い
目次

最初に:今回購入したもの「Anker PowerCoreⅢ Fusion5000」

今回、購入した製品は商品はこちら。

今回はAmazonで予約注文した。

発表直後から、ずっと待っていた商品なのだ。

外観レビュー やっぱり美しい

入院中だったので、病院内にて開封。

箱は結構大きい。

Photo by me

開けてみるとこんな内容。

Photo by me

あとでレビューするが、今回の目玉はここ!

Photo by me

PD対応だ。

おまけ

Photo by me

ふさふさタイプのモバブ入れもついてきた。

使用感レビュー メリット・デメリット

Photo by Fathromi Ramdlon in Pixabay

結構、好みが別れると思う。

どんな機能をモバイルバッテリーに求めるのか。

そこが、分かれ道だろう。

特徴をあげると

主な特徴
  • コンセント直挿しタイプで楽チン
  • さらっとPD対応
  • ちょっと大きい、重い

この3点だと思う。

1つずつ見ていこう。

コンセント直挿し式で楽チン

1ヶ月以上使っているのだが、かなり楽だ。

コンセントを直挿しするだけで、充電ができる。

なので、出先でモバイルバッテリーの充電が切れても、コンセントがあればなんとかなる。

(正直、充電忘れの方が多いと思うが・・・)

しかも、単体で充電器としても使うことができる。

普段から、充電器とモバイルバッテリーを持ち歩く人には、特にオススメだ

さらっとPD対応

コンセント直挿しができるモバイルバッテリーは、今までにも結構あった

ただ、そのほとんどが「USB-CやPDに非対応」だった。

最近の、モバイルバッテリーは、ほとんどがPD対応なのにだ。

流石に、充電時間が変わってくるので、(古い機種は)躊躇する人も、いたと思う。

今回、なかなか対応してなかった、コンセント直挿しタイプが、PDが対応した

これは、買いだと思う。

ただ、いくらPDとはいえ、Macが充電できるわけではない

個人的には、できたらロマンがあるのに、とは思ったが・・・

流石に、むずかしいだろう

ちょっと大きい、重たい。

まあ、充電器とモバイルバッテリーの、両方の機能があるのが原因だろうが。

ただ、最近の窒化ガリウムの充電器が、かなり小さい。

そして、普通のモバイルバッテリーの場合、充電機能がないので、軽い。

そんなわけで

最近の、充電器とモバイルバッテリーと比べて、大きく、重い。

そんな、どっちつかずの製品でもある。

あとがき 総評「大きかろうが、重かろうが」

先ほど書いた、大きい、重い、という問題点は確かにある。

ただ、そうだとしても、一つにまとまっているのは良い。

出先でモバイルバッテリーを使おうとして、充電切れ

こんな経験は、みんなあると思う。

その対策になる。

それだけで、値千金だ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる